原料費調整制度の適用について(4月検針分の従量料金単価のお知らせ)

平成30年2月28日
宮崎ガス株式会社

弊社は、原料費調整制度に基づき平成30年4月検針分適用の一般ガス地区と簡易ガス地区の単位料金(従量料金単価)を以下のとおり調整させていただきます。

一般ガス地区は
3月検針分と比べて+1.52円/m3(消費税込み)

簡易ガス地区(学園木花台地区)は
3月検針分と比べて+5.45円/m3(消費税込み)


1.基本料金と従量料金単価

(消費税8%込み)

■一般ガス

基本料金
1ヶ月あたり
基準単位料金 調整単位料金(A)
3月検針分適用
調整単位料金(B)
4月検針分適用
(B) - (A)
料金表A
0~16m3
738.72円 243.95円/m3 248.60円/m3 250.12円/m3 +1.52円
料金表B
17~81m3
1,442.88円 199.95円/m3 204.60円/m3 206.12円/m3
料金表C
82m3以上
2,839.32円 182.69円/m3 187.34円/m3 188.86円/m3

■簡易ガス


基本料金
1ヶ月あたり
基準単位料金 調整単位料金(A)
3月検針分適用
調整単位料金(B)
4月検針分適用
(B) - (A)
料金表A
0~8m3
994.68円 537.72円/m3 500.29円/m3 505.74円/m3 +5.45円
料金表B
8.1~30m3
1,627.56円 458.60円/m3 421.17円/m3 426.62円/m3
料金表C
30.1m3以上
4,420.44円 365.50円/m3 328.07円/m3 333.52円/m3


2.ガス料金への影響

(モデル家庭の1ヶ月のご使用例、消費税8%込み)

1ヶ月のご使用量 3月検針分(a) 4月検針分(b) 影響額(b-a)
一般ガス 17m3 4,921円 4,946円 +25円
簡易ガス 7.7m3 4,846円 4,888円 +42円


3.平均原料価格

(10円未満の端数は、四捨五入)

平成29年10月
~平成29年12月
平成29年11月
~平成30年1月
基準平均原料価格
一般ガスの平均原料価格 45,680円/t 47,280円/t 40,710円/t
簡易ガスの平均原料価格 65,730円/t 68,050円/t 82,230円/t

※(8月・新約款)一般ガスの平均原料価格=LNG平均輸入価格X0.9077+プロパンの平均価格X0.0311+ブタン平均価格X0.0199

※簡易ガスの平均原料価格は、貿易統計値の液化プロパンの3ヶ月の平均値


<参考>原料別平均輸入価格

(貿易統計値)

<<一般ガス>> <<簡易ガス>>
平成29年10月
~平成29年12月
平成29年11月
~平成30年1月
平成29年10月
~平成29年12月
平成29年11月
~平成30年1月
LNG平均輸入価格
(貿易統計値)
46,560円/t 48,210円/t
液化プロパン平均輸入価格
(貿易統計値)
65,730円/t 68,050円/t 65,730円/t 68,050円/t
液化ブタン平均輸入価格
(貿易統計値)
68,940円/t 70,560円/t